海の箱庭

ゲーム!やらずにはいられないッ!系女子(語弊)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

最近読んでいたんだけれどね

かの文豪のコレ
こころ (集英社文庫)こころ (集英社文庫)
(1991/02/20)
夏目 漱石

商品詳細を見る

表紙に釣られたとかそんなんじゃなく、高校の授業でさわりだけ読んでたから、そのうち全部通して読みたいなーと思ってて。たまには文豪の固い文章にも触れたかったりとか。
あと安かったw

それにしても
こ ん な B L だ と は 思 わ な か っ た よ
誤解を受けそうだな。うんw
別にそういうアレではないんだけど、主人公が先生のことを想い過ぎててヤバイ(思い ではなく 想い な感じ
解説によると、「外国では同性愛の小説として読まれている」とか書いてあって
うわあ
ん、まぁ、適切に表現する言葉が世界的に無いというだけで、思慕と恋慕の中間みたいなもんなんだろうな。ちょっと主人公がアレなだけだよ。うん。

まぁ、そこが主題な小説ではないわけでw
心情の動きとかはさすがで、結構面白かったですね。色々思うところがありました。
元々新聞連載のものということで、思ったよりも読みやすかった。飽きなかった。
「猫」は…うん…。

それにしても、お嬢さんは何考えてたのか気になるなー。想像してお楽しみ下さい、ってか。まぁ、それもいいです。

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://hakoniwa2007.blog92.fc2.com/tb.php/1019-2eb83132

Menu

アクセスカウンター ▼

ついったぁ ▼

カレンダー(月別) ▼

リンク様 ▼

発売スケジュール ▼

色々メモ欄。 ▼

主張 ▼

バロメーター ▼

QRコード ▼

取扱説明書 ▼

管理人プロフィール ▼

メールフォーム ▼

ブロとも申請フォーム ▼

ブロとも一覧 ▼

ブログ内検索 ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。